合宿免許と車の運転

人工知能という技術が発達してきて、それが多く取沙汰されるようになりました。いつかは人工知能が、私達人間の働きと取って代わるというような、どこかのSF映画で見聞きしたような話題も持ち上がることとなりました。
それらの真偽はさておき、私達は今の社会において、その働きほとんどを、機械化されたシステムやコンピューティングに頼っていることは間違いありません。それは否定しがたい事実です。
だからこそ私達人間が、円滑な作業を行えるのであり、そこから様々な新しいものを生み出すことができるのです。

それは、私達の生活に浸透している、『車』という乗物からも、同じことが言えます。
私達は車を誰もが利用していますが、その便利さは誰もが知っています。そして、その車を、生活の中心として活用しています。私達は機器を使っている側ですが、車という機器に、使われている側であるとも言えます。

ただし、運転において「使われる」側であるのは、とても危険なことです。もちろん、今現代販売されている車には、自動運転装置などはほとんど搭載されていません。まだ、技術段階において課題があります。ですから、今の段階では私達は、車を『使う』側でなければ、いけないのです。
車に使われる側にならないように、私達は必要な技術や知識を身に付け、そのために自動車学校に通います。そこで利用できる一つのサービスに、誰もが利用できる「合宿免許」というシステムがあります。

Pocket